湯の花温泉 京都 温泉旅館 亀岡 温泉施設 湯の花温泉観光旅館協同組合 京都亀岡 KYOTO KAMEOKA 保津川下り・トロッコ列車

京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
銘菓アイデア募集
季節のイベント・催し
【9月の催し・イベント】
●1日 八朔祭(安行山稲荷宮、愛宕神社)
五殻豊穣を祈願して行われる。旧暦の8月1日を八朔と呼び、かつて農家では、その年の穀物を供えて、「田の実節句」としてお祝いをした日である。
●1日ごろ 台風封じ願かけまいり(西山神社、畑野町千ヶ畑)
210日にあたる(およそ9月1日頃)千ヶ畑地区の人達により台風除けの願かけをする行事で、早朝5時頃から神殿をお千度する昔からの風習がある。
●6日 湯立祭(岩城神社、千代川町北ノ庄)
神前で大きな釜に湯を沸かし、この中に塩、酒をふり入れ清めた後ササをつけて湯をふりまく神事で以前は巫女達により行われていたが、現在はこの姿もみられなくなった。一切の罪、穢を祓い清めるとともに特に悪疫の流行を防ぐといわれ、特殊な神事である。 次の神社でも行われている。 6日=大内神社(東本梅町大内) 11日=日慈谷神社(東本梅町赤熊)
●8日 大日如来会(苗秀寺、?田野町佐伯)
大日如来は真言宗の本尊で宇宙を照らす太陽であり、万物の慈母といわれるところから、この日のお供えは特に田畑の作物が多い(かぼちゃ、いも類等)。
●8日 薬師大祭(市内各寺院)
宝林寺(宮前町神前)   薬師健康祈願会とも言い、毎日を健康で過ごせるよう祈願して行われる。   収蔵庫には薬師、如来、阿弥陀如来坐像が安置され、三体とも重要文化財である。 願成寺(大井町並河西台) 厚元寺(曽我部町中) 如意寺(篠町山本)   北向薬師というのがあり、これは秘仏とされている。   33年目にあたる昭和56年、本開帳が行われた。
●十五夜 秋をめでる夕べ(大本本部、荒塚町内丸)
行燈の光と能楽の調べが神苑内に広がる中、野点席や香煎席が行われる(無料)。
●12日 薬師大祭(神蔵寺、ひえ田野町佐伯)
当寺の薬師如来座像は鎌倉時代末期のすぐれた作品で重要文化財に指定され収蔵庫におさまっている
●15日 お日待祭(愛宕神社、千歳町国分)
最近各町内等で行われるお日待の行事も時代と共に「町内親睦会」的な存在に変わりつつある。そんな中でここ愛宕神社では夕方からよる11時頃まで氏子、青年団、婦人会の大踊り大会が行われる。 夜12時頃より拝殿において、日の大神と、天照皇大神を迎えまつり、祭典を行う。その後神殿をお千度する。夜の明けるのを伏し拝み散会するという。
●23日 秋季祖霊大祭(出雲大社京都分院、下矢田町)
御先祖様をはじめ、由縁りあるみたま様の冥福を祈り、その年の年祭に巡れる方のお名前を奏上いたします。
 
【10月の催し・イベント】
●10日 秋祭(東別院町)
東別院町=浦安の舞、奉納 本梅町=西加舎・東加舎・氏子みこし 各一基
●13日 秋祭(畑野町土ヶ畑)
畑野町土ヶ畑地区 氏子は必ず参拝し、各自、すし、にしめ、おもちなどを持ち寄り稲作、その他種々の話し合いの場となる。このような素朴な風習がいわゆる明治までの農村のおまつりであり、今でもひっそりと昔のまま受け継がれている。
●14日 秋祭(畑野町広野、千ヶ畑地区)
畑野町広野、千ヶ畑地区
●16日 秋祭(本梅町、西別院町)
本梅町=井手・中野・平松=子供みこし 各一基 西別院町=子供みこし 八基 大井町   地元女学生による浦安の舞が奉納される。神官、稚児、氏子による武者が   馬10頭に乗り町内を巡行する。   氏子みこし 一基、 子供みこし 十基
●17日 秋祭(宮前町、東本梅町)
宮前町 東本梅町
●20日 保津の火まつり(請田神社、保津八幡宮)
口丹波ではめずらしい火祭りで、50基の高張行列が見られる。 新宮と稚児ら約50人の行列が火のまわりを3回廻って、奉持物を神殿に納めます。この火にあたると、その年の健康を約束されるといわれています。
●21日 秋祭(日吉神社、河原林町)
保津町 馬路町=子供みこし 旭町 千歳町 千代川町 河原林町(日吉神社)氏子みこし 一基
●22日 秋祭(小幡神社、曽我部町)
曽我部町   (小幡神社)子供みこし   (与能神社)氏子みこし   疫祓いの柿、もちをまく神事も同時に行われる。
●23日 秋祭(?田野神社、?田野町)
ひえ田野町 (?田野神社)午前11時より拝殿にて浦安の舞の奉納
●25日 秋祭(走田神社、稲荷神社)
走田神社=氏子みこし 吉川町=(稲荷神社)子供みこし、台太鼓 篠町
●23日-25日 亀岡祭(旧亀岡町)
23日の宵々山に各町競い合って山鉾を建て、ちょうちんが飾られる。25日には鉾の巡行もあるみごとなおまつり。

観光リンク
このサイトは Netscape communicator 7.1以上、Internet Explorer 6.0 SP2以上のブラウザ、 Javascript-ONでご覧になることをお薦めします。
Copyright 2002-2007 Yunohana Kanko Ryokan Association All Right Reserved.