湯の花温泉 京都 温泉旅館 亀岡 温泉施設 湯の花温泉観光旅館協同組合 京都亀岡 KYOTO KAMEOKA 保津川下り・トロッコ列車

京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
銘菓アイデア募集
季節のイベント・催し
【7月の催し・イベント】
●1日(火) ≪百燈祭(大内神社、東本梅町大内)≫
神前において、百の灯を点灯し、五殻豊穣、半年の罪、穢を祓う儀式が行われる。
●2日(水) ≪水無月祭(鍬山神社、上矢田町)≫
神社において、夏越祓いというのがあり、正式には6月30日に行われるが当地方では、半夏生の日にこの行事が行われる。1月〜6月までの半年間のすべての罪、穢を祓って、生活の更新をはかる行事で大きな茅の輪を神社に安置し、参詣者はこれをくぐる「茅の輪くぐり」の神事が行われる。関西地方ではこの日、水無月と言う三角の「ういろようかん」を食べて、罪祓いをする習慣が今も残っている。「母のため もう一つくぐる茅の輪かな」(一茶の句)
●6日(日) ≪御田祭(松尾神社、西別院町犬甘野)≫
御田植祭ともいい、鎌倉時代より始まったとみられる、五殻豊穣を願う農民の儀式で、以前は卯の日、又は酉の日を選んで行われた。農民の農作業を儀式化した祭で、見る人の目を楽しませる大変ユニークなものである。神社の境内において、唐犂と、ホウの葉で作った牛が代をかき、そのあと、2人の男子小学生が扮する早乙女が太鼓の音に合わせて田植えをする。早乙女の衣装は一文字笠に水色の振袖赤いタスキというカラフルなもの。これは亀岡市無形文化財に指定されている。
●6日(日) ≪総早苗振り祭(廣峯神社、本梅町中野)≫
成長した稲苗を神前に供え、成育のお礼をのべ、併せて秋の豊作を祈願する。この日、神饌として小麦の半つき餠を神前に供え、氏子にもこの供物が配られる。
●18日(水) ≪八幡神社夏まつり(畑野町土ヶ畑)≫
●25日(金) ≪天神法会例祭(市内天満宮社)≫
余部町天神又にある天満宮の天神祭は、子供みこしが町内を練り歩く。その他、桜天満宮、矢田天満宮でも例祭がとり行われる。
 

観光リンク
このサイトは Netscape communicator 7.1以上、Internet Explorer 6.0 SP2以上のブラウザ、 Javascript-ONでご覧になることをお薦めします。
Copyright 2002-2007 Yunohana Kanko Ryokan Association All Right Reserved.