湯の花温泉 京都 温泉旅館 亀岡 温泉施設 湯の花温泉観光旅館協同組合 京都亀岡 KYOTO KAMEOKA 保津川下り・トロッコ列車

京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
銘菓アイデア募集
季節のイベント・催し
【9月の催し・イベント】
●1日(月) ≪八朔祭(安行山稲荷宮、愛宕神社)≫
五殻豊穣を祈願して行われる。旧暦の8月1日を八朔と呼び、かつて農家では、その年の穀物を供えて、「田の実節句」としてお祝いをした日である。
●1日(月)ごろ ≪台風封じ願かけまいり(西山神社、畑野町千ヶ畑)≫
210日にあたる(およそ9月1日頃)千ヶ畑地区の人達により台風除けの願かけをする行事で、早朝5時頃から神殿をお千度する昔からの風習がある。
●6日(土) ≪湯立祭(岩城神社、千代川町北ノ庄)≫
神前で大きな釜に湯を沸かし、この中に塩、酒をふり入れ清めた後ササをつけて湯をふりまく神事で以前は巫女達により行われていたが、現在はこの姿もみられなくなった。一切の罪、穢を祓い清めるとともに特に悪疫の流行を防ぐといわれ、特殊な神事である。 次の神社でも行われている。 6日=大内神社(東本梅町大内) 11日=日慈谷神社(東本梅町赤熊)
●8日(月) ≪大日如来会(苗秀寺、稗田野町佐伯)≫
大日如来は真言宗の本尊で宇宙を照らす太陽であり、万物の慈母といわれるところから、この日のお供えは特に田畑の作物が多い(かぼちゃ、いも類等)。
●8日(月) ≪薬師大祭(市内各寺院)≫
宝林寺(宮前町神前)薬師健康祈願会とも言い、毎日を健康で過ごせるよう祈願して行われる。収蔵庫には薬師、如来、阿弥陀如来坐像が安置され、三体とも重要文化財である。 願成寺(大井町並河西台) 厚元寺(曽我部町中) 如意寺(篠町山本)北向薬師というのがあり、これは秘仏とされている。33年目にあたる昭和56年、本開帳が行われた。
●十五夜 ≪秋をめでる夕べ(大本本部、荒塚町内丸)≫
行燈の光と能楽の調べが神苑内に広がる中、野点席や香煎席が行われる(無料)。
●10日(水)ごろ ≪台風封じ願ずましまいり(西山神社、畑野町土ヶ畑)≫
220日(9月10日過ぎ)土ヶ畑地区の人達がお礼まいりを兼ね作物が成育するよう祈願し同じくお千度する。
●12日(金) ≪護摩修法(延福寺、本梅町西加舎)≫
諸病平ゆを祈願して護摩修法が行われる(夜7時より)
●12日(金) ≪薬師大祭(金輪寺、宮前町宮川)≫
33年に1度開扉され、昭和57年が30年目にあたり大祭が行われた。 平成22、23年は中止でしたが、24年度は行われる予定。
●12日(金) ≪薬師大祭(神蔵寺、稗田野町佐伯)≫
当寺の薬師如来座像は鎌倉時代末期のすぐれた作品で重要文化財に指定され収蔵庫におさまっている
●15日(月・祝) ≪放生会(市内各神社)≫
日常人間が殺生している魚や鳥を供養するため、放生池で放してやるという行事から名づけられた。篠八幡宮(篠町篠)  例祭の後、境内にて終日奉納相撲がある。露店も並びにぎわう。保津八幡宮(保津町)  御燈明百個に火をつけて行われるところから別名百燈祭とも呼ばれる。  祭典終了後、農作祈願の大踊りが行われる。本梅中野八幡宮(本梅町中野)  各戸より思い思いの神饌を供え大祭を執行し翌日御礼が各戸に配られる。  境内では終日大かがり火が燃やされる。
●15日(月・祝) ≪お日待祭(愛宕神社、千歳町国分)≫
最近各町内等で行われるお日待の行事も時代と共に「町内親睦会」的な存在に変わりつつある。そんな中でここ愛宕神社では夕方からよる11時頃まで氏子、青年団、婦人会の大踊り大会が行われる。 夜12時頃より拝殿において、日の大神と、天照皇大神を迎えまつり、祭典を行う。その後神殿をお千度する。夜の明けるのを伏し拝み散会するという。
●23日(火・祝) ≪秋季祖霊大祭(出雲大社京都分院、下矢田町)≫
御先祖様をはじめ、由縁りあるみたま様の冥福を祈り、その年の年祭に巡れる方のお名前を奏上いたします。
●24日(水) ≪石田梅岩墓前祭(春現寺、東別院町東掛)≫
心学開祖、石田梅岩の遺徳を偲び顕彰するため命日にあたるこの日例祭が行われる。 地元住民はもとより各種団体、小中学生、心学関係者も参列し盛大に行われている。
 

観光リンク
このサイトは Netscape communicator 7.1以上、Internet Explorer 6.0 SP2以上のブラウザ、 Javascript-ONでご覧になることをお薦めします。
Copyright 2002-2007 Yunohana Kanko Ryokan Association All Right Reserved.