湯の花温泉 京都 温泉旅館 亀岡 温泉施設 湯の花温泉観光旅館協同組合 京都亀岡 KYOTO KAMEOKA 保津川下り・トロッコ列車

京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
銘菓アイデア募集
季節のイベント・催し
【4月の催し・イベント】
●中旬 ≪観桜茶会(大本本部、荒塚町内丸)≫
天恩郷、中の島にある老桜で新品種「木の花桜」が咲く頃に行われる茶会、家族連れでにぎわう。(無料)
●15日(火) ≪花まつり(形原神社、新町)≫
松平城主をしのび、旧藩士の人達により社務所において、かぶと、武具、古地図などの遺品を飾って、昔をしのばれるおまつりが行われる。 鍬山神社の花まつりとして、お旅所である形原神社で行われている。
●15日(火) ≪鬼の首塚例祭(首塚大明神、篠町王子)≫
昔、丹波の大江山に鬼が住み人々の心に大きな不安を与えていた。 源頼光が天皇の命を受け、四天王をひきつれ鬼を退治した。鬼が首をはねられる時、今までの悪事を悔い「これからは首から上の病いに苦しむ人達を助けたい」と言ったとか・・・ 口丹波はもとより遠方からのお参りも多い。
●17日(木) ≪とこなげさん千日まいり(千手寺、稗田野町鹿谷)≫
4月17日、7月17日、俗に千日まいりといわれ多くの参拝者がある。 眼病に霊験あらたかと言われ、「目の観音さん」と広く知られ境内より湧き出るご香水で目を洗い、また飲む事によって眼病をいやすと言われている。 春には桜の名所で景観もすばらしい。1度訪れて見たい所・・・
●18日(金) ≪花祭り(出雲大神宮、千歳町出雲)≫
鎮花祭。春の大祭のこの日花踊りが奉納される。和銅年間に始まった雨乞いの神事が起源とされ四季の花などで飾った花笠に狩衣、水干、白足袋姿の踊り手が小太鼓を房ばちでたたきながら、うたや笛に合わせて踊る優雅なものでいろいろな題の踊りがあるが、現在では、「正月踊り」豊作を祝う「一の宮踊り」縁結びの「恋の踊り」などが演じられている。
●24日(木) ≪鎮火祭(愛宕神社、千歳町国分)≫
全国愛宕神社の総本宮とも言われ、一間社流造桧皮葺の本殿は、市内最古の建造物の1つで重要文化財に指定されている。一名火鎮めの祭、火防祭ともいわれる。御祭神の神霊を慰め、火の霊力の感謝し火災のないよう祈願するおまつりである。その他、建築物の棟上げ、峻工の際の火災除けを祈願して多くの人のおまいりがある。また幼児、3才、5才に参詣すると御神徳により一生火難、災難に遭わないという俗に「愛宕の3つまいり」としても知られている。
 

観光リンク
このサイトは Netscape communicator 7.1以上、Internet Explorer 6.0 SP2以上のブラウザ、 Javascript-ONでご覧になることをお薦めします。
Copyright 2002-2007 Yunohana Kanko Ryokan Association All Right Reserved.