湯の花温泉 京都 温泉旅館 亀岡 温泉施設 湯の花温泉観光旅館協同組合 京都亀岡 KYOTO KAMEOKA 保津川下り・トロッコ列車

京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
京都湯の花温泉の化粧水 湯の花温泉MISTみすと
銘菓アイデア募集
季節のイベント・催し
【1月の催し・イベント】
●1日(木) ≪歳旦祭(市内各神社)、新年祭(大本本部)≫
新年にあたってお祝いの祭典を行う。 神社ではお神酒、大本本部では福梅、甘酒の接待や福引きが行なわれる。
●3日(土) ≪福給会(穴太寺、曽我部町穴太)≫
福札3000枚のうち赤札が3枚入っている。これを本堂の屋根から扇の風にまかせて散らす。その数少ない赤札を拾えば1年の幸福を授かり、又わざわいをまぬがれると同時に長者になれると言われ、遠くから霊験あらたかなる授福を受けようと、参詣する人達でにぎわう。
●3日(土) ≪交通安全祈願祭(大井神社、大井町並河)≫
千ヶ畑、広野地区より当番で6人衆が「大(おお)とし、小(こ)とし、さんみよ黄金、すずの稲穂に5尺の穂丈、エンゲン」を3回となえる。村人は全員しきび、鏡に見立てた団子餅、杉の小枝を束ねたものを持ち、神主が高台に上がったところで今年の恵方に向って振り上げ、「ワッハッハ」と初笑いをして豊作を祈願する非常に珍しい儀式である。
●3日(土) ≪年振り祭(西山神社、畑野町千ヶ畑)≫
鍬山神社(下矢田町) 4時頃より祭典が行われ、あたりがうす暗くなる頃御神灯から点火され御摩木が焚かれる。この火にあたる事によって厄払いをし、身を清める事が出来るといわれている。 みかん、おもち、菓子などが参詣者に配られる。
●初寅の日 ≪初寅さん(神応寺、千歳町毘沙門)≫
昔は寅の日、寅の刻に行われていたが現在では寅の日、朝6時頃から行われている。参拝者には、コブ茶の接待や、福引、そわかせんべいなども配られる。そわかせんべいは、「おんにこにこ腹立てまいぞそわかせんべい」と記されているユニークなせんべいで有名。神応寺は毘沙門天をお祀りしている。毘沙門天とは、仏界の守護神である四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)のうちの多聞天の別称である。
●7日(水) ≪七草粥(大本本部、荒塚町内丸)≫
寒風の中で摘まれた七草でお粥が炊かれる。青い竹筒から注がれる白いにごり酒の味は格別で、その日を楽しみに他府県からも訪れる人が多いという。(午前7時〜午後3時30分)
●15日(木) ≪粥占祭(出雲大神宮、千歳町出雲)≫
豊作祈願、稲作の作柄を占う神事で、宮司が1晩かけて炊き上げた小豆粥の中に3本のシノブ竹で作ったお管を入れ、このお管に詰まる米と小豆の状態を見てその年の作柄を占う。 広く口丹波一円から豊作を願う農家の人達でにぎわう。
●15日(木) ≪布袋祭(養仙寺、千歳町国分)≫
福寿円満、子孫繁栄を祈願して行われる、参拝者には甘酒、福引などもある。  養仙寺は別名ほてい寺ともいわれ、大小約400体の布袋像が収集されている。中には青木木米や人形屋幸右衛門の作品、広く国外のものなどもあり訪れる人々を笑顔で迎えてくれる。
●19日(月) ≪乾疫神祭(篠八幡宮、篠町篠)≫
山城と丹波の境に厄除けのために建てられた。前厄、本厄、後厄の男女が紅白木綿の鈴の緒を奉納して厄除けに 参詣する風習がある。境内には終日露店が出されにぎわいを見せる。
●19日(月) ≪厄神祭(八幡宮、千代川町日吉台)(八幡神社、東本梅町中野)≫
厄年に当たる男女が自分の年令より1個の多い数のおもちを奉納して厄除けを祈願する。また神社の幟や、堤灯を奉納する事もあるという。千代川町日吉台(八幡宮)・東本梅町中野(八幡神社)でも厄神祭を行っている。
●25日(日) ≪初天神祭(金光寺内天満宮社、千歳町千歳)≫
合格祈願等のおまいりが多いという。
 

観光リンク
このサイトは Netscape communicator 7.1以上、Internet Explorer 6.0 SP2以上のブラウザ、 Javascript-ONでご覧になることをお薦めします。
Copyright 2002-2007 Yunohana Kanko Ryokan Association All Right Reserved.